節分祭

開催日:2月3日

節分とは季節の変わる節目を意味し、本来は立春・立夏・立秋・立冬の年4回ありましたが、今日では立春の前日のみをさすようになっています。
阿夫利神社では、「大宝撒き」とも言われ多くの人に親しまれています。祭典の中では「弓矢鉾」・「打豆」・「金幣拝戴(きんぺいはいたい)」という特殊神事が行なわれます。

豆撒きは午前・午後の2部に分け行なわれ、午前の部は一般参加の部で行事司の募集も行ないます。ご希望の方は神社にお問い合わせ下さい。午後の部は政財界・文化人をはじめとする各界著名人の方々に行事司を勤めて頂いております。