夏越大祓・疫神祭

開催日:6月30日

大祓は1年を2期に分け、半年の間に知らず知らずに犯した罪、積もり積もった身心のけがれを祓い、清らかな姿を取り戻すための神事です。
下社境内において6月30日・12月28日に行なっています。
参列者は神職に続いて大祓詞を読み、切麻を自分の身に撒いて清め、人形に息を吹きかけ自分の体で弱い部分に人形で撫でて罪けがれを移します。
その後茅輪(ちのわ)くぐりを行ないます。
当日参列できない方は人形による代参ができます。
ご希望の方は社務局にお申し込み下さい。人形をお送りしますので、氏名・年齢を記入し息を吹きかけてからご返送ください。