http://www.afuri.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/11/pg_92A4793.jpg

大山頂上、阿夫利神社上社横の御神木。
この御神木に常に露が滴っていたことから「あふり」と呼ばれるようになったと言われております。